「サービス」 ダミエグラフィットポルトフォイユマルコ_ルイヴィトンポルトフォイユアメリア格安2013,買ってルイヴィトンポルトフォイユアメリア何に注意して 涓���ㄥ�锛���板��胯�澶���ㄦ��ㄥ���骇���锛���伴�搴�������涓������烘�������


2015-01-23 21:16    ルイヴィトンポルトフォイユアメリア
 また、奴の話に緒方純子が口をはさんで、口裏を合わせさせることもできなかった。口をはさみたくても、緒方純子の口は、テニスボールで塞がれていた。  マナパット・レイエスの話は、緒方純子の話とすべて合っていた。つぎはセベ・マリノだった。セベ・マリノの耳を、ハードロックの音から解放してやった。  おれはセベ・マリノに、奴が浅原雄二と関わりを持つようになった、最初の経緯から話を始めさせた。細かい質問を重ねて、奴の話をチェックした。緒方純子の話とくいちがうところは、ひとつも出てこなかった。  おれは、緒方純子の口からテニスボールを出した。右の手首と左の足首を、元どおりに手錠でつないだ。左腕も腰にロープで縛りつけた。  ミルクを温め、砂糖を入れて、三人に飲ませた。緒方純子とセベ・マリノにも毛布を与えた。サウナ風呂のスイッチを切り、地下室のヒーターの温度を二十度にセットして、スイッチを入れた。 「助かったと思って安心するなよ。寒さとサウナからは逃れられても、しばらくは腹をすかせとくしかないぞ。当分はおまえらの胃袋には、ミルク以外のものは何も入らないからな。おれがこの一件にケリをつけるまで、ミルクだけで生き延びられたら、おまえらはもう一度太陽が拝めるだろうよ。ただし、おまえらの話が、全部ほんとのことで、隠してることもひとつもない、ということがわかったらの話だ。嘘ついてたり、しゃべり残したことがあったとわかったら、おまえら三人とも、生きた体でここから出ていくことはできないんだ。わかってるな」  おれは言った。奴らはうなずいた。おれは地下室の明かりを消し、ドアに鍵をかけて、上にあがった。  夜の九時になろうとしていた。松永敏恵は店に出ている時間だった。店に電話をするわけにはいかなかった。  ビールを飲んでから、食事の支度にかかった。すき焼きにした。うどんを入れた。途中でビールをウイスキーに替えた。今夜は酔ってもいい、と思った。  マナパット・レイエスは、マニラの殺し屋の組織から送りこまれた人間だ。敵がマニラの組織を使っているところから考えれば、依頼人までの道程は遠くないはずだった。浅原雄二が依頼人でなければ、奴のすぐ後ろにいるのが、おれのほんとうの敵にちがいない、とおれは考えた。  食事を終え、台所を片づけた。シャワーを浴びた。ウイスキーを飲みつづけた。ちょっとした祝杯の気分だった。  午前一時に、松永敏恵のマンションの部屋に電話をした。  電話は通じなかった。回線がつながらなかったのだ。代わりにチャイムが受話器にひびき、テープに吹き込まれた女の声が聴こえてきた。 〈あなたのおかけになった電話は、ただいま故障のために使用できません〉  おれは受話器を戻した。故障のための電話の不通というのは、いまどき珍しい、と思った。それ以上のことは考えなかった。胸さわぎもしなかった。祝杯気分の酔いのせいだったのだろう。  おれは松永敏恵に電話することを諦《あきら》めた。向こうからかかってくるだろうと思った。午前三時まで飲んだ。眠気が襲ってきた。おれは明かりを消し、ソファに横になった。目覚まし時計はセットしなかった。ひとりでに目が覚めるときまで寝て、それから東京に行くつもりだった。  目が覚めたのは、眠り足りたせいじゃなかった。玄関のドアが叩かれる音が、おれをソファから跳び起きさせた。  跳び起きたとたんに、おれは眠気を忘れた。明かりはつけずに、息を殺し、耳をすませた。車の音は聴いた覚えがなかった。ナイフはソファのテーブルの上に置いてあった。拳銃と防弾チョッキはバッグの中だった。そこまでのことを一瞬のうちにおれは頭に浮かべた。