ルイヴィトン新作財布
null
(サンローランパリ)SAINT LAURENT PARIS ラウンドファスナー長財布 344076-GIT1J-1059 [並行輸入品]
__58,01000
(サンローランパリ)SAINT LAURENT PARIS ラウンドファスナー長財布 344076-GIT1J-1059 [並行輸入品] 
(ルイヴィトン) LOUIS VUITTON ルイヴィトン 財布 LOUIS VUITTON M60588 エピレザー ポルトフォイユ・サラ 長財布 ピスタッシュ[並行輸入品]
__118,00000
(ルイヴィトン) LOUIS VUITTON ルイヴィトン 財布 LOUIS VUITTON M60588 エピレザー ポルトフォイユ・サラ 長財布 ピスタッシュ[並行輸入品] 
(ルイヴィトン) LOUIS VUITTON ルイヴィトン 財布 LOUIS VUITTON M60742 モノグラム ポルトフォイユ・クレマンス 長財布 フューシャ[並行輸入品]
__74,80000
(ルイヴィトン) LOUIS VUITTON ルイヴィトン 財布 LOUIS VUITTON M60742 モノグラム ポルトフォイユ・クレマンス 長財布 フューシャ[並行輸入品] 
(ルイヴィトン) LOUIS VUITTON ルイヴィトン 財布 LOUIS VUITTON M60549 モノグラム・アンプラント ジッピー・ウォレット 長財布 オロール[並行輸入品]
__112,86000
(ルイヴィトン) LOUIS VUITTON ルイヴィトン 財布 LOUIS VUITTON M60549 モノグラム・アンプラント ジッピー・ウォレット 長財布 オロール[並行輸入品] 
(ルイヴィトン) LOUIS VUITTON ルイヴィトン 財布 LOUIS VUITTON N63544 ダミエ ポルトフォイユ・エミリー 長財布[並行輸入品]
__64,80000
(ルイヴィトン) LOUIS VUITTON ルイヴィトン 財布 LOUIS VUITTON N63544 ダミエ ポルトフォイユ・エミリー 長財布[並行輸入品] 
(ルイヴィトン) LOUIS VUITTON ルイヴィトン 財布 LOUIS VUITTON N63211 ダミエコバルト ポルトフォイユ・ミュルティプル 2つ折り財布[並行輸入品]
__67,40000
(ルイヴィトン) LOUIS VUITTON ルイヴィトン 財布 LOUIS VUITTON N63211 ダミエコバルト ポルトフォイユ・ミュルティプル 2つ折り財布[並行輸入品] 
null  二日間、拘置されたが、変化はなかった。  取調べは毎日つづき、葉山の潔白を証明するものは現われなかったし、同じことを供述するしかなかった。  三日目になって、牧園多摩美と門倉朱鷺子が午前と午後、別々に面会に現われた。 「ごめんなさい。私、課長が川崎インターに行く時のこと、何も聞いていなかったから、何のお力にもなれないのよ」 「いいんだ。きみを連れて行かなかったから、バチがあたったのかもしれん」 「そうよ。少し反省するいい薬かもしれないわ」  多摩美は窓口のむこうで、そんな憎まれ口を叩いた。 「でも課長が、門倉健太郎さんを殺したなんてこと、頭から信じてませんから、ご安心下さい。いっそ、こないだの赤坂総業でのこと、何もかも話してしまったら……?」 「うん、それも考えている。おれを嵌《は》めたのは、やつらに違いないんだ。しかし、それを喋るには朱鷺子さんの承諾がいる。多摩美、帰ったら朱鷺子さんと連絡をとって、面会に来てくれるよう、頼んでくれないか」 「わかったわ。すぐ連絡してみます」  しかし、多摩美が連絡をとるまでもなかった。その日の午後、門倉朱鷺子が被害者の身内の参考人として陳述するために署に現われ、葉山にも面会したい、と申し込んだのである。  葉山が面会室に通されると、窓口のむこうに坐っている朱鷺子は、かなり憔悴《しようすい》しているようであった。 「面会が遅くなって、申し訳ありません。最初の日、健太郎さんの遺体確認と引取りにきた時、あなたが失神状態のまま、拘置されているときいて、面会したいと申し出たんですが、許可してくれなかったのよ」  朱鷺子によると、そのあとは健太郎の司法解剖の終了を待って、赤坂の「玉樹」で通夜や葬儀に追われ、一番気にかかりながら、面会にも来れなかった、と何度も朱鷺子は詫《わ》びた。 「そんなことは、どうでもいいことです。それより朱鷺子さん、八月末の赤坂総業であなたが辱《はずか》しめを受けたこと、話していいかな」 「そのことですが……私、今日、担当の刑事さんに会って、最近の健太郎さんの挙動不審を話したついでに、あの日のことも全部、話してきました。健太郎さんがそれ以来、家に寄りつかなくなったのも、あの連中のところに監禁されていたのかもしれないのです。それ以前だって、義弟は田宮文蔵に取りいられて、利用するだけ利用され、用がなくなって、邪魔になって、殺されたのに違いないわ。……私、そういうことを洗いざらい、話してきました」 「ありがとう。それならぼくも、遠慮なくキメ手になっている凶器について申し開きができます」