シャネル財布メンズ公式サイト 財布メンズ人気|シャネル財布メンズどんな シャネル財布メンズ包郵 涓���ㄥ�锛���板��胯�澶���ㄦ��ㄥ���骇���锛���伴�搴�������涓������烘�������


2015-01-24 04:29    シャネル財布メンズ
 ふいに、昨晩のあのアパートでのことまで蘇《よみがえ》ってきそうになった。  いや、あれは——。  疲れていただけだ。  それで、変な夢をみた。それだけだ。  気にすることはない。 「なにもなかった」  そう声に出してつぶやく。それに、まだまだ問題が山積みであることには変わりないのだ。ゲームの先に進むことができたというそれだけのことなのだ。  だから、上司に呼び出されても、まだはっきりした返事などできるはずもない。はあ、とか、ええ、とか、まあ、とか、曖昧《あいまい》な受け答えだけでやり過ごす。  年末商戦までには間にあわせたい。いや、絶対に間にあわせろ。  黙って大人しく聞いていると、そんなことを言いだした。挙句、このままの状態では担当を代えることにもなりかねないよ、などとお決まりの脅し文句。  それはそっちの勝手だが、誰に代えたところでこのおれ以上にうまくなどやれるものか。まったく、何もわかっていない。なにしろこいつ、自分では何も作ったことがないらしいのだ。  部長の額のあたりを見ながら、おれは頭のなかで言葉を空回りさせる。話しているときも聞いているときも、とにかく相手の目を見ろ。それが彼の口癖だ。だから、それだけしていれば素直に拝聴していると思うらしい。楽と言えば楽だ。単純なゲームみたいなもので。 「とにかく作業を急いでくれよ。それでなくても、妙な噂がたってるんだから」  そう言って話を締めくくろうとする。 「噂? なんですか、それは」  せっかく終わりかけていたのに、つい問い返してしまった。 「あ、知らなかったのか」  部長が意外そうに言った。そして、教えてくれた。やけに嬉《うれ》しそうに——。