prada 二つ折り財布規格品の検証_グッチ 財布 prada 二つ折り財布包郵 prada 二つ折り財布ブランド大全 涓���ㄥ�锛���板��胯�澶���ㄦ��ㄥ���骇���锛���伴�搴�������涓������烘�������


2015-01-24 04:12    prada 二つ折り財布
 侵入者たちが探していた黒皮の書類ケースというのは、この鍵であけるどこかのコインロッカーにでも隠されているのではあるまいか。  もし、そうだとしたら、用心したほうがいい。 「この鍵、当分、ぼくが預かっていましょうか。ここに置いていたら、何となく危ない気がしますが」 「ええ。私も今、それを考えていたところなの。お願い、預かってて」  そう言って見あげた翔子の瞳が、うっすらと潤《うる》んでいた。  食事と風呂を終え、谷津が与えられた一階のゲストルームに入ったのは、もう十一時をまわっていた。  ワインをボトル一本あけていたので、風呂あがりの身体はほてって、じんじんと内側から燃えるような酔い心地を覚えていた。  谷津がベッドに入って幾らもしないうち、ひそやかにドアがノックされた。  階段を降りる足音はしなかったが、翔子が寝つけずに、降りてきたのだろうか。  なんとなく、そんな気がしてドアをあけると、やはり廊下にナイティふうの、裾《すそ》の長いガウンを着た翔子が立っていた。 「ごめんなさい、寝てた?」 「いや、寝つけませんでした」  谷津は、正直に言った。  佐渡でもう一線を越えているのだから、二人の間には遠慮するものは、何ひとつないはずである。こういう段になってのためらいや、逡巡《しゆんじゆん》は、翔子によけいな罪悪感を抱かせることになるような気がする。  そっと手をひくと、翔子はもつれるような足どりで入ってきた。ドアを閉める間、掴んでいた翔子の手のひらが、ぐっしょり汗ばんでいるのを感じた。  心と身体が、何かに飢《かつ》えていたことを、その手のひらの汗が物語っていた。  翔子は昨日のことがあって以来、内面には修羅《しゆら》の嵐が吹き荒れていて、それを何かにぶつけることによって、癒《い》やしたいのかもしれなかった。